残業代対応FAQ

運送業を営む会社が残業代を支給する際,どのような点に注意すればいいですか?

 運送業を営む会社が残業代を支給する場合、
  ① 残業代の趣旨を有する手当であること
  ② 残業代とそれ以外の賃金とを明確に判別できるようにすること
の2点に注意しなければなりません。

 まず、①について、当該手当が残業代の趣旨を有していることが明確でない名目となっている場合、当該手当が残業代の支払として認められない可能性が高まります。一見、残業代には見えないような名目の手当を支給しながら、残業代請求を受けたとたんそれは残業代だと主張しても、なかなか認められません。
 たとえば、「時間外手当」、「休日手当」、「深夜手当」など、一見して残業代だということが明らかな名目の手当を支給している場合には、それが残業代ではないといった主張がなされることはほとんどありません。問題となるのは、「業務手当」、「配送手当」、「特別手当」などといった、残業代とは読み取れない名目の手当を支給している場合です。これらの手当の支払は、その日本語の意味を考えた場合、直ちに残業代の趣旨を有していると評価することはできません。これらの手当が残業代の趣旨を有していると評価されるためには、最低限、賃金規程にその旨明記して周知させておくか、労働条件通知書等に明記して就職時に交付しておくなどの対応が必要となります。
 裁判では、「業務手当」、「配送手当」、「特別手当」等といった名目の手当を残業代の趣旨で支払う旨明記して周知させたり、労働条件通知書等に明記して就職時に交付したとしても、実質的には残業代の支払として認められないと判断されるリスクが残ります。歩合給や月によって定められた賃金と評価されることもあり得ます。「時間外手当」、「休日手当」、「深夜手当」といった名目の手当であれば、実質的にも残業代の趣旨を有していると認めてもらいやすくなりますので、残業代の趣旨で支払う手当は、「時間外手当」、「休日手当」、「深夜手当」など、一見して残業代だということが明らかな名目で支給すべきと考えます。
 次に、②について、通常の賃金と残業代に当たる賃金を判別できるようにしておかないと、残業代の支払があったとは認めてもらえません。例えば、単に、残業代込の賃金である旨合意しただけでは、残業代の支払があったとは認めてもらえません。「配送手当には40時間分の時間外手当を含む。」といった定めも、通常の賃金と残業代に当たる賃金を判別するためには方程式を使って計算しなければなりませんので、残業代とは認められないリスクが高いと考えます。残業代の趣旨を有する手当は、基本給や何らかの手当てに含むという形で支給するのではなく、項目を明確に分けて金額を明示するとともに、給料日には給与明細書に金額を分けて明示して給与を支給すべきと考えます。
 運送業を営む会社が残業代を支給する場合、まずは、残業代に相当する金額が何円なのか、残業代の金額をはっきりさせなければなりません。そして、当該手当が実質的にも残業代の趣旨を有する手当であることを明確にするために、その金額が何時間分の時間外割増賃金、休日割増賃金、深夜割増賃金なのかを追加で明記するのであれば、より望ましいと考えます。