残業代対応FAQ

運送業が残業代請求を受けやすい理由を教えて下さい。

 運送業のトラック運転手は、従来、自営業者意識が濃厚な傾向があり、トラック運転手のそういった傾向に対して、運送業の会社経営者は、残業代(割増賃金)を支払わなければならないという意識が希薄な傾向にありました。「1日現場に行って来たら○万○○○○円」といった形で賃金を定めている会社が多く、この方法で特に問題なくやってきたわけですから、多額の残業代請求を受けて大きな損失を被らない限り、なかなか制度を変更することはありませんでした。
 他方、近年では、残業代請求に関するトラック運転手の意識が急速に変わってきています。おそらく、「○○さんは弁護士に依頼して○百万円も残業代をもらったらしい」などと運転手同士で情報交換しているうちに、自分も残業代が欲しくなる運転手が増えてきたものと思われます。
 運送業では、長距離運転や手待時間等により労働時間を管理することが難しいことから、労働時間が長くなりがちで、残業代も多額になる傾向にあります。少額の残業代しか取れないのであれば、会社と争っても仕方がないと考え請求しないトラック運転手もいると思いますが、何百万円といった多額の金銭を取得できるのであれば、会社経営者との関係が悪化したとしても残業代を取得したいと考えるトラック運転手が増えるのもやむを得ないところがあります。何しろ、労基法で認められた正当な権利を行使しているだけなのですから、「会社が悪い」と自分を納得させることができ、良心の呵責も大きくはありません。
 運送業で残業代の請求を受けるリスクが特に高い一番の理由は、運送業の会社経営者が残業代を支払わなければならないという意識が希薄な傾向にあるのに対し、トラック運転手は残業代を請求すれば多額の残業代を取得できると知って残業代を請求する意欲が高まっているという、双方のギャップにあると考えます。実体と形式にギャップがある状態は、残業代請求の格好のターゲットとなります。
 トラック運転手は個人事業主に近い実態があるにもかかわらず、形式的には労基法上の労働者に該当することが多いことから、そのギャップを突かれて多額の残業代の支払を余儀なくされているというのが実情に合致していると思います。