残業代対応FAQ

残業命令に基づかない残業については残業代を支払わなくていいですよね?

 労基法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれた時間をいいます。そして、残業命令に基づかずに仕事をしたとしても、その仕事に要する時間は労働者が使用者の指揮命令下に置かれた時間とはいえませんので、労基法上の労働時間ではありません。ということは、残業を命じていない場合に社員が残業したとしても、その残業時間は労基法上の労働時間ではないことになり、残業代を支払う必要はないようにも思えます。
 しかし、ここでいう「業務命令」は、明示のもののみならず、黙示のものも含まれます。上司が、部下が残業していることを知りながら放置していた場合は、黙示の残業命令があったと評価されるのが通常ですので、残業命令に基づかない残業であることを理由として残業代の支払義務を免れることはできません。当該業務に要した時間は、それが社会通念上認められるものである限り、労基法上の労働時間に該当することになります。
 事前の対応としては、基本的には現実に退勤させることで対応すべきであり、残業命令に基づかない残業であることを理由として残業代の支払義務を免れることを期待した制度設計をすべきではありません。