残業代対応FAQ

事業場外労働のみなし労働時間制とはどのような制度ですか?

 事業場外労働のみなし労働時間制とは、常態的な事業場外労働や、出張等の臨時的な事業場外労働に労働者が従事する場合に、使用者の具体的な指揮命令が及ばず、労働時間の把握が困難となることが多いため、所定労働時間または業務の遂行に必要とされる時間労働したものとみなす制度です。
 事業場外労働のみなし労働時間制はどの事業場でも採用できるというわけではなく、①事業場外で労働がなされており、②労働時間を算定し難い場合に採用することができます。労働の一部が事業場外でなされており、残りは事業場内でなされている場合は、事業場外での労働についてのみ、みなしの労働時間が適用されます。
 「労働時間を算定し難い場合」に該当するかどうかは、使用者の具体的な指揮監督や時間管理が及ぶか否か等により判断されます。
 事業場外労働のみなし労働時間制が適用される場合、所定労働時間労働したものとみなされるのが通常ですが、所定労働時間を超えて労働することが通常必要となる場合は、所定労働時間ではなく、当該業務の遂行に通常必要とされる時間労働したものとみなされます。
 事業場外労働のみなし労働時間制は労働時間をみなす制度ですから、時間外・休日・深夜に労働させた場合には、時間外・休日・深夜割増賃金(残業代)を支払う必要があります。