残業代対応FAQ

フレックスタイム制とはどのような制度ですか?

 フレックスタイム制は、労使協定の定める1か月などの単位期間について、一定の時間数労働することを条件に、始業・終業時刻を個々の労働者が自ら決定する労働時間制です。
 フレックスタイム制では、始業・終業時刻を自由に選択できる時間帯(フレキシブルタイム)と、必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)を定めるのが一般的です。
 フレックスタイム制を導入する場合、就業規則において、始業・終業時刻を労働者の決定に委ねる旨定めるとともに、労使協定において、①対象労働者の範囲、②清算期間及び起算日、③清算期間中に労働すべき総労働時間数、④標準となる1日の労働時間、⑤コアタイム、フレキシブルタイムを設ける場合にはその開始及び終了時刻を定める必要があります。
 フレックスタイム制では、清算期間の実労働時間のうち、法定労働時間の総枠を超えた部分が時間外労働時間となり、時間外労働させた場合には、時間外割増賃金(残業代)の支払義務が生じます。