残業代対応FAQ

裁判や労働審判等において、労働時間はどのように認定されますか?

 労働時間は、原則として、1日の労働時間の開始時刻から終了時刻までの拘束時間から休憩時間を差し引いて、1日ごとに認定されます。
 タイムカード、ICカード、タコグラフ等の客観的な記録がある場合は、原則としてタイムカード、ICカード、タコグラフ等の客観的な記録を基に、1日の労働時間の開始時刻、終了時刻、休憩時間が認定されます。
 自己申告制を採用している場合は、原則として、報告書や日報等を基に1日の労働時間の開始時刻、終了時刻、休憩時間が認定されます。
 ただし、タイムカード、ICカード、タコグラフ等の客観的な記録や自己申告の内容が、実際の1日の労働時間の開始時刻、終了時刻、休憩時間と大きく乖離している場合には、これらを基礎として1日の労働時間の開始時刻、終了時刻、休憩時間を認定することはできません。
 タイムカード、ICカード、タコグラフ等の客観的な記録や、報告書、日報等の記録が実際と大きく乖離していたり、記録自体が存在しない場合、PCのログイン・ログアウトの時間、メールの送受信記録、入退館記録のセキュリティデータ等の業務関連性が明白ではない記録や、日記等の証明力の低い証拠だけで労働時間が認定されることがあります。
 会社は必要に応じて実態調査を行い、所要の労働時間を補正するなどして、適正に実際の1日の労働時間の開始時刻、終了時刻、休憩時間を管理するようにしましょう。