残業代対応FAQ

残業代の時効について教えてください。

 残業代の消滅時効期間は2年で、各賃金支払日の翌日から起算します。
 賃金支払日から2年を経過している残業代については、消滅時効を援用します。内容証明などで残業代の請求を受けた場合であっても、6か月以内に労働審判の申立てや訴訟提起などがなされない場合は、内容証明郵便などによる請求は時効中断の効力を生じませんので、6か月が経過しているかを確認します。
 賃金支払日から2年を経過して消滅時効にかかっている期間の残業代に関し、損害賠償請求を受けることがありますが、通常は認められません。